千葉県|ハイブリッド車充電設備工事

ホームページ,弊社工事ブログからのご依頼で
千葉県千葉市にEV・PHEV・PHVの充電コンセントの設置工事に伺いました。

鉄骨造りの立派なお家です外壁はALCです。

この壁にコンセントを付けたいとのことですが
納車は10月頃なのでまだ余裕があります。

 

物置に分電盤がありこの裏は押し入れです。何とかなるか・・・?

奥が分電盤で空きスペースが1つ有りました。

 

天井裏に持っていければあとは簡単そうです。

 

途中からジプトーンなので剥がして配線できます。

 

ユニットバスから外に配線が出せます。

押し入れ~分電盤がすんなり通れば良いのですが・・・・

 

案の定ハマってしまいました。。。

この画像は押し入れ上部ですが梁のH鋼が邪魔して大変でした・・・

マンションのような造りですが戸建です。

 

偶然が重なったおかげで何とか盤内に通線できました。
この部分を配線するだけで1時間以上掛りました・・・・

 

必要ならダウンライトも外して配線します。

 

ここから来てしまえばユニットバスまで難なく通ります。

 

ブレーカーは15mAの高感度型漏電遮断器を使用します。

 

他のブレーカーより大きいので型番の選定を間違えたのかと思いました

現在の機器は全て20Aまでの対応しかしていませんので安全を考慮して
ブレーカーも20Aとします。

ただ、配線は2.6ミリをしているので今後仕様が変わっても
配線工事の必要はありません。

 

外壁側は塩ビ樹脂管で露出配線です。

 

スイッチは両切りを使用。

20Aで2.0ミリまでしか対応いないので棒端子の使用か、
2ミリに圧着して変換しなくてはなりません。

 

このように仕上がりました。中々カッコイイです。。。。

 

スイッチプレートは鍵付きで必要であれば別に南京錠が付けられます。

 

最後にブレーカーを上げて電圧を測りました。

問題ありませんね!

 

この度は当店にご依頼いただき有難うございます。

今後とも宜しくお願い致します。