ひかりテレビをやめてアンテナ工事|流山市

ホームページ、工事ブログからご依頼頂き千葉県流山市に地デジ・BSのアンテナ取付に伺いました。

現在はひかりテレビに加入されていて1部屋のみで視聴されているそうですが、今回ひかりテレビは

解約して自前アンテナに切り替えて今まで同様にリビング1部屋のみで視聴をご希望です。

千葉テレビや東京MXを視聴しなければ地デジ、BS共にブースターは不要だと思いますので混合器を使って

地デジBSを混ぜて分配器のところで切り分けてあげます。

今回アンテナは八木式なので支線アンカーを打つところから始めます。

釘を打つ前にドリルで下穴を開けます

 

シリコンを釘に塗ってから打ち込みます。

 

このようになります。今回は理由が有って支線アンカーは2ヵ所しか打っていません。

 

次にアンテナを組んでいきます。

アンテナマストはキャップを付け、錆が発生し易そうな部位にクリアラッカーを吹いておきました。

 

BSアンテナも付けてまとめて屋根に上げます。

 

アンテナ設置完了です

 

アンテナ直下のレベルです。

80を超えています。。。この地区は基本的にブースターは不要でしょうね。

 

NHK総合は約88dBμですね

 

MXは不要という事でしたが1端子だけなので視聴出来そうです。

 

千葉はスカイツリーの電波が強すぎるみたいで観れません。

 

アンテナ引込線を繋ぎます。

ひかりテレビの前はケーブルテレビに加入されていたそうです。

 

引き込み線と繋ぎました。

これで外の作業は完了です。

 

屋内に移動しました

このリビングの端子だけ活かせればよいので、配線を判別するためここから信号を送って調べます

 

分配器はこの点検口内に有るという事です

 

あれっ、、、ちゃんと行き先が書いていましたね・・

 

一応確認のためレベルを当たってみました。間違いないようです。

 

アンテナから来ているケーブルと直接繋ぎました。

点検口作業の名目で追加費用を請求する会社もあるようですが当店ではこの作業に関しては

追加費用は特に頂いておりません。

 

アンテナ線が繋がったのでリビングで確認をします。

ブースターが咬んでいると思うほど高レベルです。

 

MXも視聴出来そうです

 

レベルチェッカーで実際のテレビ映像を映しました。

 

ところがBSが映りませんでした。

どうやらこのテレビ端子が問題のようです。

 

BSアンテナはアンテナに電気を送ってあげなければ動作(機能)しないのですがこの端子では電流が

カットされてしまうようです。

おそらくケーブルテレビ会社が加入時に交換したんでしょう。

 

電気が送れるテレビ端子に交換しました。

 

今度は大丈夫です。バッチリですね。

これで無事完了となりました

 

この度は当店にアンテナ工事をご依頼頂き誠に有難うございます。

今後とも宜しくお願いいたします。