流山市新築デザインアンテナ、BSアンテナ工事

ホームページ・工事ブログからご依頼いただき流山市の新築物件にデザインアンテナとBSアンテナの

混合工事に伺いました。

作業を始めようとアンテナ引き込み線を探しましたが見つからず・・

お客様と家の周りを探してみましたがそれでも見つからず・・・・

梯子をかけて入線カバーの中をチェックしてみることにします。

開けるとアンテナ線は無く空の配管が2本が有りました。

 

次に分配器の場所を探します。

2階に点検口があり、ここに分配器があれば配管を使わずアンテナから直接壁に穴を開けて容易に

配線が出来そうですが・・・

 

残念ながら2階の点検口内にアンテナ線は無し

1階のユニットバスで分配器を発見し空の配管もそこにありました。。。

 

お客様にハウスメーカーさんに聞いてもらったところ、最近ではフレッツテレビやケーブルテレビを

利用する方が多いので引き込み線は用意されていないとのことです・・・。意味がワカラナイ

追加工事となりますがお客様のご負担で配線をすることになりました。

この日は通線工具を持ってきていなかったので通るか心配でしたが何とか通線出来ました。

 

下準備が出来、ようやくアンテナの取り付け作業に入ります。

アンテナ金具をつけて廻りは変性シリコンを塗っておきます。

 

白のデザインアンテナが付きました

 

アンテナ直下でレベルを確認します

キー局は全てのチャンネルで良好です

 

千葉は何とか受信できるかも・・・というレベルです。

 

MXはレベルが低く厳しいようですがお客様に確認すると、千葉もMXも特に見たいという事は無いそうです。

 

BSアンテナと混合ブースターを設置しました

 

家の隅にキレイに収まりました

 

ユニットバス点検口に移動して分配器の近くにブースター電源部を設置します。

 

気になったのがこの「IN」と書いているケーブルの行先です。

どこかの部屋にフレッツテレビ配線用としてテレビ端子が2個有ると思っていたのですがどこにも有りませんでした。

ひょっとするとどこかの部屋のプレート内で丸まっているのかもしれませんが・・・

特殊な事をするなら行先を記しておかないと他の工事屋さんが大変です。

 

最後にテレビ端子でレベルを測ってみます。

広域キー局は問題なし

 

MXは何とか視聴できるかもしれない・・というレベルです。

 

実際のテレビの映像です

 

千葉も似たような結果となりました

 

BSです

こちらも問題なし、良好です。

 

バタバタしましたが無事完了致しました。

この度は当店にアンテナ工事をご依頼頂き誠に有難うございます。

今後とも宜しくお願いいたします。