エアコンの取付工事、真空引き|千葉県流山市

千葉県流山市の賃貸の戸建て物件にエアコンの取り付け工事に伺いました。

穴は開いていました

 

強制的にこの穴を使うしかないのですが取り付けスペースが合わない為少し下に拡げました。

コンセントの位置が高すぎるのです。
エアコンを付けない電気屋さんが作業するとこのような事が時々あります。

お客様は穴から天井までの寸法で取り付け出来ると判断したようですが実際は
天井からではなく、廻り縁の下からで測り室内機の引っ掛け代を考慮しなければならないのです。
なので実際の取り付けにはエアコンの高さよりもさらに寸法が必要です。

 

持家ならボードを切ってコンセントを下げるのですが、賃貸物件なのでそうもいきません。

エアコンが設置出来るギリギリまで下げて、何とか設置出来ました。

 

最初はカバー仕上げで・・という話でしたが外壁にビス穴が全く無いので、
テープ巻き仕上げにしてサドル留めもしませんでした。

途中お客様からテープは下から巻くとネットで見たと仰っていましたが、
当店では下からは巻いておりません。理由を説明して納得して頂きました。

 

配管を繋いで真空ポンプでエアパージをします。

 

完成です

 

最後に試運転をしました。

コンセントのプレートが違っていますが、物件の設備がこうなっておりましたのでそのまま使用しております。

 

この度は当店にエアコン工事を御依頼頂き誠に有難うございます。

今後とも宜しくお願い致します。