埼玉県久喜市 単3工事

埼玉県久喜市に単相2線式から単相3線式の切替え工事に伺いました。

いわゆる単3工事と呼ばれるものです。

中古のお家を購入されたそうで、他にエアコンの専用コンセントの増設も2系統ご依頼頂きました。

分電盤の位置と引き込み位置の関係から今回は既設のメーターと場所を変更します。

単相2線式のメーターです。配線とメーター板は塗装がはがれるのでこのままになります。

 

単2の分電盤です

現在は4回路をご使用ですが、東電に照会すると3回路でのご利用ということでした。

 

引き込み配線から始めます

変則的にコの字金具を付けましたが、これでなくても良かったですね。ボルトも必要無い気がしますが・・・

 

メーター取り付け場所まで配線します

 

メーター2次側も配線していきます

分電盤まで少し距離が有ります

 

ユニットバスの点検口から引き出せる位置に穴を開けて電線を入れます

 

点検口から分電盤まで離れていますが、何とか隠蔽で配線出来ました。

お客様は露出でも構わないと仰っていましたが、何とか隠蔽で通せました。。

 

単3工事の配線が終わったので、次にエアコンのコンセント工事に移ります。

ここのコンセントはどうやっても天井裏を通せませんでした。

コンセントの裏側を抜いて外に配線を出しました。

 

軒が深い為、あまり雨に当たらないでしょう

 

天井裏で引き出せそうな位置からまた屋内に入れます。

この部屋のエアコンコンセントの配線と2本を通しました。

 

ここから棒を入れるとユニットバス点検口から引ける位置まで電線が落ちます。

 

ここで一旦ジョイントします。

これで2階の作業は終わりです。

 

単3切替え用配線とエアコンコンセントの配線が終わり分電盤の交換をします

 

一番悪い回路の絶縁抵抗値です。

9MΩ位でしょうか・・0.5MΩ位の数値が出ると心臓がドキドキします。

 

分電盤は余裕を見て8回路空きスペース2回路の物を選択しました。

 

これで単3切り替えの工事完了です(当店の工事部分)

この度は当店に電気工事をご依頼頂き誠に有難うございます。

今後とも宜しくお願い致します!