プリウスPHV用充電コンセント工事|三郷市

ホームページ、工事ブログからご依頼頂き埼玉県三郷市の事務所に
プリウスPHV用の充電コンセントの設置工事に伺いました。

事前に取り付け工事の下見は済んでいますので、まずは配線工事から始めてまいります。

 

このBOXの裏が分電盤になります。

上に上がっているPF管が充電コンセント側で
下の配管はアース用です。

 

近くにアース棒が打てる場所が有って良かった。。。

 

アースは打つだけでは基準値が出ているか確認しないと意味がありません。

計測器で確認してみます。

 

そもそもアースは分電盤から取るつもりでしたが、下見段階でアースが無いのを
見逃していました。

よく見ると大元のアース線が無いですよね?
なのにアース端子に電線を差しこんでいます。意味が分かりません・・

 

分岐ブレーカーの設置スペースに予備が無かったので使用していない
リミッタースペースに充電コンセント用の漏電ブレーカーを取り付けました。

万一充電中に車側のトラブルで漏電が発生してもこちらのブレーカーが
先に落ちます。

今後の充電設備の拡張に備えてメーカーの推奨している2.6ミリケーブルを
使用しました。

安価に工事を済ませたい場合は2ミリでも良いと思います。

 

確認が出来るようにしておきました。

 

分電盤とは反対側なので屋根を横断させます。

 

今回使用する充電コンセント設備は河村電器産業のEVコンポプライムWです。

当店の社名に似ていますがプライムワークではありません。

これは、使用していない時の充電コネクタやコントロールボックスが中に
収納できる優れものです。

ケーブルは全て収まりませんが鍵付きで中にスイッチもあります。

 

これは筐体用のアース端子ですが私が接続しました。

必要なら初めから接続しておいて欲しいですね。(メーカーには要望を出しておきました)

 

漏電ブレーカーから来た電線は端子台に繋ぎます。

 

配線が終わったらコンセントやスイッチを戻します。

 

スイッチはパナソニックの両切りスイッチです。

 

電圧を測って200Vが来ているか確認しました。

 

引掛け金具は下だと低すぎて、使いにくそうなので横に取付しました。

 

お客様に確認して頂き無事完了となりました。

後日お客様所有の都内のビルにも充電コンセントの設置にお伺いする予定です。

ご依頼頂き誠に有難うございます。引き続き宜しくお願い致します。