茨城県龍ヶ崎市|PHV、EV、PHEV用充電コンセント設置工事

以前に茨城県龍ヶ崎市でアンテナ工事をご依頼頂いたお客様からのご依頼で
EV、PHV、PHEV用の充電コンセントの工事に伺いました。

購入される車は三菱のi-MiEVアイミーブだそうです。

一条工務店の家で出来る限り穴開けはしたく無いとの事です。

今回は弱電用の引き込配管が1個空いているのでそちらを流用します。

ここから1階の押入れに出て、押入れから浴室点検口までまた配管が有ります。
浴室点検口から分電盤まで近いのですが配線が出来ないので
そこはモールを使って配線となります。

呼び線が通っていますがこれを使うと力が入らないので
通線用スチールを入れました。

 

予想していた以上に時間がかかりました。
結局ご主人様に手伝って頂きました。。。。一人ではとても無理でした。

どこを経由しているのか、やたらに長かったですね・・・・

 

今回は配管内に2.6ミリは入らないので2.0ミリを使用しています。

現在発売されているEV、PHV各メーカー全車の仕様では
2.0ミリケーブルの許容電流で問題ありません。

 

ホントきつかった。。翌日は筋肉痛が酷かったです。

 

今回からこの入線液にしました。

シリコン系のスプレーだと通線後の始末が悪いので・・
これだと拭き取るだけで済みます。

 

押入れからユニットバス点検口

こちらは一人で配線が可能でした。ここで結線します

 

壁の向こう側に分電盤がありますが隠蔽では無理なので一旦ボードを抜いて出します。

 

モールを使って配線します。

 

ケーブルを分電盤内に入れてEV、PHV専用の漏電ブレーカーを増設します

 

PHV、EV用と書いていますが、同じような仕様で別型番もありました。

何が違うのかメーカーに聞いたらこのブレーカーは1.6ミリは使えないそうです。。。。?
あまり釈然としないのですが折角発売されているので使ってみました。

 

室内の作業が終わったので屋外側に移ります

塩ビ管で立ち下げ

 

曲がりの部分はPF管を使いました

 

穴掘り作業もありました。

 

境界の塀沿いに配管します

 

EV、PHV充電コンセントにアースが必要なので接地棒を打ちこみます。

1本で規定値内になりますよ~に、と念じながら打ちます。

 

340Ω位でしょうか?念が効いたみたいで1本で済みました

 

長かった配線工事もようやく終焉を迎えます。

 

EV、PHV充電コンセントはこのフェンスにしか付けられません。
家の外壁だとコンセントに挿すのが面倒になってしまいます。

工事をご依頼頂いてから納車まで日が無かった為、タイマー付きのエルシーブの
ご希望でしたが間に合わなかったので取り敢えず充電出来るコンセントを付けました。。

よってこのコンセントは仮設です

後日この取付板サイズの充電コンセントボックス、エルシーブがここに付く予定です。

 

ブレーカーを上げて電圧を計ります

200Vが来ていますね{/m_0087/}

 

今月末頃入荷予定ですのでもう暫くお待ちいただきます。

 

この度も当店にご依頼いただき誠に有難うございます。

品物が入荷したらまた宜しくお願い致します。