春日部市|日産リーフ充電コンセント設備

ホームページ、工事ブログからご依頼頂き、
埼玉県春日部市にPHV、EV、PHEVの充電コンセント工事に伺いました。

今回は電気自動車の日産のリーフを購入されたということで納車までに工事を
済ませてしまいます。

日産の斡旋業者で頼むと相当待たされた上に、工事も割高になってしまう為、
当社にご依頼頂いたそうです。

(工事価格に色んな経費が乗っているのは想像に難くないです。。。)

当社の工事は自動車メーカー各社の工事ガイドラインは全てクリア
しておりますのでご安心ください!

事前に下見、見積もりを済ませて工事当日です。

分電盤から隠蔽での配線ルートが無い為、屋内はモールで配線します。

 

屋外から出てプールBOXで受けてVE管で配管です。

 

配線器具を取り付けるBOX内まで配線出来ました。

使用ケーブルは2.6ミリの2芯です。現在の電気自動車の基準では2ミリケーブルでも

問題ないのですが、今後基準が変わる可能性が有る為、どの自動車メーカーも
5.5スケアか2.6ミリ線の使用を推奨しています。

 

分電盤の中にアースが無かったのでアース工事も施します。

EV、PHEV、PHVのコンセント工事には必ずアース工事が必要です。

 

アース棒1本で充分な数値が出ました

 

アース線はPF管に収めました

 

スイッチ、コンセント廻りの配線です。
2.6ミリはそのまま配線器具に入れることは出来ないのでBOX内で
2ミリに繋ぎ直しています。

 

スイッチ、コンセントが付きました。

 

今回分電盤内に予備スペースが無かったので脇にブレーカー増設BOXを付けて

2P2Eの漏電ブレーカーを設置しました。

 

いつも使用しているパナソニックの漏電ブレーカーが入荷未定になっているので、

今回は東芝製を使用したのですが。。。。
理由は書きません装着前に壊しちゃいました。

 

完成したのでテストをします。

今回はスイッチ、コンセントともに初めてシャンパンブロンズを使用しました。

コンセント(WK432Q)、防雨スイッチガードプレート(WTC7981Q)

 

スイッチを入れて

 

電圧を確認しました!

 

この度は当社にEV PHV PHEVの充電コンセント工事をご依頼頂き

誠に有難うございます。

今後とも宜しくお願い致します。