取手市|プラグインハイブリッド充電コンセント

ホームページからのご依頼で、茨城県取手市に

PHV、EV、PHEV(電気自動車、プラグインハイブリッド車)の
充電コンセント工事にに伺いました。

先日見積もりさせて頂き、工事部材を準備して伺いました。

家の周りを結構な長さを配線するので作業性を考えてケーブルは
SV5.5を使用しました。

VVFだと撚りを戻すのが大変です・・・・・

ステンレスサドルでケーブルを固定していきます。

 

一人作業ですから効率よく進めるためには「段取り」に時間を割きます。

 

この日気温が20℃を超えていて、汗をかきながら配線作業を進めここまで来ました!

充電コンセントはお客様のご希望でカーポートの柱に設置することになりました。

【因みに】

ディーラーの工事屋さんの仕様ではなぜか認められていないそうです・・・・
家の壁面に充電コンセントを設置する場合は「自立ポール型」の
選択肢以外無いそうです。

 

分電盤にアースが無かったので充電コンセントの近くにアースを
打ちました。

1本でも十分だったのですが念のため2本打っておきました・・・・
大体110Ωです、良い数値がでてくれました。

 

充電コンセントの裏側です
今回使用したケーブルは5.5スケアなので棒端子を使用しています。

 

PHV、EV、PHEVの充電コンセントが付きました。

 

分電盤廻りを仕上げていきます

BOXで受けて室内はモール配線していきます。

 

現在も既に分岐ブレーカーがはみ出た状態なのですが
新たに充電コンセント用のブレーカーが付きます。

 

新たに設置したブレーカーは感度電流15mAの高速型です。

何か充電設備側でトラブルが発生した場合は

このブレーカーが主幹より先にトリッップしてくれるでしょう。

 

単三用増設分電盤を設置しました

配線作業よりも盤廻りの作業の方が大変でした。

 

作業が終了してお客様に試充電?をしていただく事にしました。

車は納車したての【プリウスプラグインハイブリッド】です。

 

入った~~!

 

ここですネ

 

充電開始  

給油のようです・・・・  給電?

 

これで良いらしいです。

充電の残り時間などは車内のモニターで確認が出来るようです。

 

無事、完了しました!

この度は当店に充電コンセント設備工事をご依頼頂き有り難うございます。

今後とも宜しくお願いいたします。