新築エアコン取付工事

【2015年9月の工事記事です】

当ホームページ、弊社工事ブログからご依頼頂きまして千葉県流山市の

新築物件にエアコンの取り付け工事に伺いました。

注文住宅でモデルハウスのような造りです。。。

こちらのハウスメーカーで過去エアコン設置に行って、取り付けに苦労させられた事が

数多くあって壁裏の構造に関して入念に打ち合わせさせて頂きました。

左上から幅広の筋交いが下りてくるようですが右側は柱さえ注意すれば問題無いようです。

柱、少しスペースが有って間柱といった感じです。

 

無事穴が開けられました

 

 

エアコンは富士通のデュアルブラスター5.6kwです。

本体奥行きが有り、横幅が狭いので下地の無いマンションでは

落下の可能性が有りますね。。。。

今回は下地板が入っていたので全く問題が有りませんでしたが、

取り付け板上部7か所にボードアンカーを打つように施工説明書に

書いていましたが、狭いピッチでそんなに使用して石膏ボード自体の強度が不安になりますね。

因みに室内機の重さは19.5Kgです

 

屋外に移動しました

配管カバーをするのですが垂直にカバーを付けたい訳ですが、

基準となる物がありません。。。

壁材がサイディングなら必ず目地が縦に有るんですが・・・

 

今回は下げ振りを使用する事にしました。

最近はレーザーが安くなったので大工さんで下げ振りを使っている人も

少なくなったでしょうが、持っていると便利です。

私の持っているレーザーは屋外ではほとんどラインが見えませんから・・・

 

垂直にカバーが付けられました

 

 

キレイにカバーが付けられました

 

配管を繋いで真空ポンプでエアパージをしました

 

試運転をします

両サイドからも風が出るので初めての感覚です。普通の機種では味わえない気流です。

でも、このエアコンをクリーニングするとなると完全に分解するしかなさそうですね・・・

この度は当店にご依頼頂き誠に有難うございます。

今後とも宜しくお願い致します。